nv 2016年5月23日

声の悩みランキング 一番多くの人が抱えている悩みはなに?


声の悩みランキング

声の悩みは多種多様で、誰もが1つは声に関する悩みを抱えていると言われています。私自身も多くの声の悩みを抱えており、それを解消するためにボイストレーニングスクールに通っています。

私が通っているボイストレーニングスクールには、様々な声の悩みを抱えた人が通っています。スクールに通っている人たちの話を聞いていると、「そんな悩みもあったんだ!」と驚かされることが度々あります。

ふと、「一番多くの人が抱えている声の悩みはなんだろう?」と気になり、先日実施したアンケートを集計して、声の悩みをランキンング形式でまとめてみました。

声の悩みランキング

回答者:男性54名、女性46名(20〜60代)

※アンケートの回答者はランサーズで募りました。

※回答は複数回答可としています。

 

第1位 滑舌が悪い(36票)

滑舌が悪い男性

僅差で第1位となったのは「滑舌が悪い」という悩みです。滑舌の悪さは、テレビ朝日のアメトークでも「滑舌が悪い芸人」の回ができてしまうほど、一般的な悩みとなっています。

悩みが一般的になっているからこそ、周りからイジられることが増え、悩みが深刻になっていくケースも多いです。

滑舌をよくするには、正しい舌の動きを覚えることが大切です。滑舌が悪い人は(私もですが)子音を発声するときの舌の位置が間違っていたり、舌の筋力が弱いという場合が多いです。

滑舌はトレーニングをすれば良くなります。トレーニングは1人でもできますが、人に見てもらったほうが上達は早いと思うので、私はボイストレーニングスクールの話し方コースに、月に2回通っています。

 

第2位 声が小さい(35票)

意外と声が小さい男性

第2位は「声が小さい」という悩みです。これは男性が多く抱えている悩みになります。

男性は仕事でも私生活でも、大きな声を出すことを求められる機会が多いと思います。例えば女性と食事に行った時に店員を呼んで注文したいときなど。声が届かなくて、あたふたしている姿はみっともないですよね。

声が小さい原因は、吐く息の量が少ないことである場合が多いです。これは腹式呼吸を身につければ解消できます。

 

第2位 声が通らない(35票)

声が通らない女性

同率で第2位となったのは、「声が通らない」という悩みです。声が通らないという悩みは、男性が18名、女性が17名とほぼ男女半数ずつあげていました。

男性の場合は「声が小さい」という悩みと性質は似ていると思います。女性の場合、声の大きさはそこまで求められることはないと思いますが、大勢の前で話す機会がある方は、声の通りに悩まれているようです。

 

第4位 声が低い(19票)

声が低い女性

第4位は「声が低い」という悩みです。これはほとんど女性かなと思ったのですが、意外と男性からも7票上がっています。個人的には男性は声が低いほうがいいと思いますが、あまり低すぎると陰気なイメージを与えてしまうこともあり、気にしている方がいるようです。

女性の場合は「声が低い」という悩みは深刻です。特に多かったのは「電話口で男性に間違われる」という悩みです。

声の高低は声帯の長さによって決まってくるため、ある程度は生まれつきのものとして受け入れるしかなさそうです。(声帯が長いほど声が低くなる)

ただし、適切なボイストレーニングを続ければ、高い声も出せるようになります。

 

第5位 声が出にくい(13票)

なんか声が出にくい

第5位は「声が出にくい」という悩みです。話したいことはあるのにとっさに声が出てこなくて、うまくコミュニーケーションが取れないことを悩んでいる方は多くいます。

声が出にくいのは、喉が閉まっていることが原因の場合が多いです。喉が閉まらないようにするには、「正しい姿勢で発声する」、「リラックスすること」が大切になります。

 

悩む前に専門家のところへ

ボイストレーニングスクールへ行く

様々な声の悩みがありますが、病気と同じように自己診療で済ますのではなく、専門家(ボイストレーナー)に診てもらうのが、改善への近道です。

まずはボイストレーニング教室の話し方コースの無料体験に参加して、プロのボイストレーナーのカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

 

話し方教室、ボイストレーニングスクール選びはこちらの記事を参考にしてみてください。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA