nv 2016年5月19日

年齢を追うごとに声が野太くなってきて恥ずかしい(40代・女性)


声が野太い女性

若いころは透き通った声でした

若い頃は、周りの人たちからも褒められるような透き通った声質で私自身も自慢でした。

しかし30代の後半あたりから、なんとなく声の質が落ちてきたように感じ始めて、40代になるとそれが確信へと変わりました。

友人や夫から「おまえ中年になってきてから声が野太くなってきたな、おっさんが喋ってるみたいだ」などと言われた時は、言葉にできないほどのショックを受けました。

女性の声が加齢に伴い低くなるのはよくあること・・

加齢とともに声帯や首に脂肪がつきやすくなり、それによって声帯が押しつぶされたり、気道が狭くなったりすることで、声の質が変化してしまうということは、女性にはよくあることのようです。

女性特有の柔らかで軽い声質を失うことへの失望感は大変大きいです。

ボイストレーニングをすればもとの声質に近づけるという話も聞いたことがあるので、そういったレッスンを受けようかと一時期考えました。

頑張って高いトーンで話しましたが・・

しかし、ボイストレーニングの出費は今の私にはきつかったので、普段から声のトーンをあげて話すことを徹底しました。

声のトーンを無理にあげて話をしようとすると声がかすれてしまったり、咳き込んでしまったりと、喉に負担をかけてしまっているように感じたので、それもやめてしまいました。

喉の質が変化してしまった今となっては、特に何もしないのが一番なのかもしれません。

無理に声を高くしても、声帯を傷つけたりするだけで良いことは何もないような気もします。

油断するとすぐに野太い声になります

普段は意識はするようにしていても、友達同士でランチを楽しんだりして、おしゃべりをしている時には、つい声をコントロールすることを忘れて、話に熱中してしまいます。

すると、すごく野太い、低い声で話をしていることに気づき愕然としてしまうということの繰り返しです。

それでも年齢が上がっても声質が高いままの女性もたまにいるので、こればかりはその人の体質や体型などいろいろなことが作用して決まるものなのだと感じています。



You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA