nv 2016年3月29日

声がなんか違っていることがある(30代・男性)


-shared-img-thumb-LIG75_denwawokakerudansei1194_TP_V

なぜか声が日によって違います

自分の声でコンプレックスに思っていることと言えば、いつも声が微妙に違っているということです。

ある時は野太い声であり、またある時は少し若い声だったりします。野太いような声になった時は、ドスの利いた声という印象になります。

声がいつも違っている原因は、のどの調子がおかしいことではないかと思っています。
風邪をひいているわけでもないのに、なぜかいつでもたんが絡まっています。喉が何らかの理由で腫れていたりすることが影響するのでしょうか。

また、一日のうちで声を出す回数が少ないことで、声帯が本来の声を出しにくい状態になってしまったのかなど、いろいろ考えました。

 

声が違うことで話し相手に違和感を感じさせてしまいます

声が前日と違っていることで、話す時にとても違和感を感じています。おそらく話し相手の人も、同じように思っていることでしょう。

自分の普通の声が出る時は調子が良いと感じられますが、声が太くなったり鼻にかかってしまうようだと、発声してから後悔してしまうこともあります。
しかし声を出さないわけにはいかないので、なんとも難しい問題です。

 

人と話す前に自分の今日の声のコンディションを確認しています

対策として、うがいをよくしているのですが、あまり効果があるようには思えません。
イソジンうがい薬を用いたり、緑茶でうがいなどをしています。また、喉の調子が良くなるように、お茶を飲んだりコーヒーをよく飲むようにしています。

他には人と話す前に、とりあえず声を出す練習をするなどしています。
それで今日の声はどうだろうなんて調子を見て、今日は大丈夫かな、今日は駄目だなどと自分で判断をしています。発声練習はしないよりしたほうがずっと良いと考えています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA