nv 2016年3月19日

「声が通りにくい」原因と改善方法は


-shared-img-thumb-max16011522_TP_V (1)

自分の声が通りにくくて周囲に聞こえづらいということを、日常で感じたことはありますか。

他人の声を聞いた時、何を言ってるのか聞きづらいということはよくあることで、それがもし自分にも当てはまっているとしたら、なんらかの原因があるはずです。

 

 

声が通りにくい原因

人の声は声帯と口を通じて発声されますが、ハキハキして透き通った声で聞き取りやすい、いわゆる声がよく通る人がいます。そんな人は声が高く、声量があって、滑舌が良いなどの幾つかの特徴を備えていると思います。

対照的に、くぐもった声で声自体が小さく、滑舌が悪くて聞き取りにくい人は「声が通りにくい」と表現されています。

声の通りやすさは生まれつきのものと考えられがちですが、トレーニング次第でほとんどの人が通りやすい声を身につけることができます。

 

声が通りにくい状態の改善方法

喉の状態を常に良好に保つ

喉に痰が絡んでいると、声が出にくくなったり、本来の声が出なかったりします。うがい薬でうがいをしたり、のどスプレーをするなどして、なるべく喉に痰が絡まない状態を保ちましょう。

声帯を鍛える

声帯を普段から使っていないと、声が出にくくなります。おしゃべりな人のほうが声が通っているのは、普段から声帯をよく使用しているからです。

あまり人と話す機会がない方には、1人カラオケがオススメです。

今は1人カラオケ専門店などもできてきて、1人カラオケに対する偏見はほとんど無くなっています。普通のカラオケ店でも、5組に1組は1人カラオケのお客さんと言われるくらいになってきているので、堂々と1人カラオケに行きましょう。

週に1回、2時間歌うだけでも十分な声帯の鍛錬になります。

自分が出しやすい音域を知る

「声色を変える」という表現があるように、人間は高い音から低い音まで出すことができます。

あなたは、一番声が良く通る音域の自分の声を知っているでしょうか。もし知らなければ発声して試してみることをおすすめします。自室で声を出したり、カラオケルームに行って声を研究してみてください。

自分に自信を持つ

内向的で声が小さい人の場合は、性格的になかなか大きな声を出すことが難しいことがあるでしょう。

会社などで声が通りにくいとしたら、いつもより少しだけ口を大きくあけ、声を高めて発生することを心がけてみてください。声が通りにくい状態はちょっとしたことの積み重ねから改善できます。



You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA