nv 2016年2月20日

「滑舌が悪い」原因と改善方法は


-shared-img-thumb-OOK92_oninomenwokaburu20150201171030_TP_V

滑舌が悪いとはどういうこと?

滑舌とは、もともとはアナウンサー業界の隠語だったらしいですが、現在では一般的に下記のように定義されています。

滑 舌 (かつぜつ)

(俗語)言葉を滑らかに発声するための舌や口の動き。

 

彼の話は滑舌が悪くて上手く聞き取れない。

(引用元:https://ja.wiktionary.org/wiki/%E6%BB%91%E8%88%8C)

つまり滑舌が悪いとは、舌や口が滑らかに動いていないことを言います。

 

滑舌が悪い原因と対処法

滑舌が悪い人は、大きく分けて下記3つのいづれかに当てはまるはずです。

 

話すときに緊張してしまう

緊張すると筋肉がこわばり、舌を滑らかに動すのが難しくなります。

人前で話すときに滑舌が悪くなってしまうという人であれば、とにかく場数を踏むのが解決への近道です。

初めは大いに恥をかくことになると思いますが、一生滑舌が悪いまま人生を送るよりはましです。

 

話すときに早口になってしまう

舌を正しく使いつつ早く話すというのは大変難しい作業になります。

経験を積んだアナウンサーならまだしも、素人では発音が不明瞭になってしまい、コニュニケーションもままならないでしょう。

自分が早口だと思う人は、普段から少し大げさなくらいゆっくり話す練習をしましょう。

また、気が弱い人は緊張が原因で早口になってしまうことが多いようです。

俺(私)のありがたい話をとくと聞け!くらいの気持ちで臨めば、相手の時間を気にせず、ゆっくりと話すことができますよ。

 

舌を正しく使えていない

自覚するのは難しいですが、舌が短かったり、舌の筋肉が発達していないせいで、正しい舌の動きができていない人もいます。

このケースに当てはまる人は、トレーニング次第で劇的に滑舌が良くなる可能性があります。

トレーニングについては、自己流でやるよりはプロに習う方が確実です。

一度ボイストレーニングスクールの無料体験に参加して、最適なトレーニング方法を学ぶのが、滑舌改善への近道になると思います。

滑舌の改善のトレーニングに関しては、シアーミュージックをお勧めします。

まずは無料体験をお試しください。

 




You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA